旅行をする際に航空機が欠航したらどう対処すれば良いのか?

空港到着前に判明したら電話かWebで振替か払戻を選ぼう

航空機が欠航したときにとるべき行動は欠航が判明するタイミングによって変わってきます。もし、空港へ移動する前に乗る予定の航空機が飛ばないことがわかったら、他の便に振り替えるか代金の払い戻しを受けて他の移動手段に切り替えるかのどちらかを選びましょう。搭乗便の変更を選択すると、航空会社のスタッフに予約可能な便をいくつか案内してもらうことができ、欠航の理由によっては他の航空会社の便からも変更先を選ぶことができます。払い戻しも振り替えも電話もしくは航空会社のWebサイトから行うことができるので、欠航を知ったらすぐに手続きをとりましょう。

空港到着後に判明した場合はカウンターで相談しよう

欠航した事実を空港に着いた後に知った場合は、航空会社のカウンターへ行ってスタッフと相談するのが最も確実に対処できる方法といえます。なぜなら、変更する航空便の手配を含めて手続きはすべてスタッフが行ってくれるので、ミス無く対処ができるからです。ただし、欠航が発生するとカウンター周辺は混雑し、大量に欠航便が生じた場合だと窓口の前に長蛇の列ができることも珍しくありません。そのため、先に述べた電話やインターネットによる方法も利用できるように備えておくと良いです。

急がない場合は宿泊先の確保や一度帰宅も選択肢になる

個人旅行で日程に余裕がたっぷりあるときなど、特に急いでいない場合は空港の近くで宿泊施設を確保したり、いったん帰宅することも選択肢として有効です。大量に欠航便が生じた場合、その理由がどのようなものであって短時間で事態が好転するケースはほとんどありません。空港で振替便が確保できるのを待っていても疲労がたまっていくだけなので、いったん宿泊施設や自宅へ行って鋭気を養って次の日に出直しましょう。

バイザポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です